Background Image

休日の有効利用が収入を変えるプログラマ

Home  /  休日の有効利用が収入を変えるプログラマ

一般的に企業に勤めるプログラマはその仕事量の割には年収が低いことが多く、より多く稼ぎたいという場合には工夫が必要になる。

一つの考え方は、たった今のことよりも将来的な年収の高さを優先して仕事に励むというものである。プロジェクトの成功の鍵を握っている職業であることから、プロジェクトの成功を得ることができるとそれは大きな業績として将来的に評価を受けられる。そのため、より高収入となれる仕事先への転職に有利になったり、昇進への道が切り開けたりする傾向が強い。そういった観点から、休日も仕事に励んで期待されている以上の早さで開発を進めていくというのが一つの選択肢となるのである。

別の考え方として、プログラマとしてのスキルを活用した副業を行うという道がある。火急性を要するプロジェクトにかかわっているときには休日を取ることすらできない場合もあるものの、通常は週末に余暇を持つことができる。その時間を利用してソフトウェアやアプリの開発を行って発表していくことにより、その利用料や広告料を獲得することによって年収を上げるということが可能なのである。また、新しい潮流として広まりつつあるクラウドソーシングを利用して小口の仕事を請け負っていくということもできる。プログラムを開発することができるというスキルと週末の余暇をうまく活用することによって本業とは別に収入を得ていくことができるのがプログラマのである。

とはいえ、誰しもスキルアップしてこんな風になりたいというキャリアパスはあるだろう。
そのためには日々努力する必要があるだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です