Background Image

生涯働きたいプログラマと生産性の高さ

Home  /  生涯働きたいプログラマと生産性の高さ

IT業界における開発系の仕事の最前線で働くプログラマは実際に世の中に発表されることになるシステムやプログラムをその手で作り上げることができるという魅力が大きな職業である。そのため、開発の仕事に携わってずっと仕事をしていきたいと考える人も多いものの、開発における試行錯誤の必要性の高さやスピードに対する要求から、晩年まで仕事を続けていくためには思考力と体力とを維持し続けなければ難しい傾向がある。そういった実態があることから、IT系企業においては比較的若い人材を多く取り入れて新陳代謝をよくしている傾向が強く、なかなか生涯プログラマで過ごすということは難しくなっていることから転職をすることも広まっている。

もしそれでもなお最前線で開発を続けたいと考える場合には、生産性を高めやすい開発現場を選ぶことが重要になる。類似したコードやアルゴリズムを利用することによっていくつものプログラムやシステムの開発を担える現場に行くことができれば、体力や思考力よりもそれまでのプログラミングの経験がより生きてくるようになるからである。

Web制作やアプリ開発といった現場にはそういった生産性を高めるための工夫がしやすい傾向が強く、トレンドの業界であることから仕事自体にも将来性が高い。こういった現場を選んで働き、生産性の高さを重視して仕事を行っていくことによって生涯にわたって最前線で働くプログラマとなることも可能なのである。

だが、もしより上を目指すのであればシステムエンジニアになるキャリアパスを選ぶのも良いだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です