Background Image

IT業界の最先端でシステム開発を担うプログラマとして働いている場合にはその過酷な労働条件の割には年収があまり高くないという面がある。しかし、報われないというわけではないことは仕事をしている人たちも理解しているからこそその激務を全うすることができるのだ。キャリアパスとして通らなければならない関門として認識していて、ここで大きな成果をあげることが将来の高年収キャリアにつながるとわかっているからである。

こういった気概の高い人がプログラマの仕事を担っている傾向が強く、その休日もまたただの余暇ではないのが一般的になっている。仕事が忙しいときには休日出勤をしてプログラミングに励むということが通常である。一方で、休みがとれる場合にはスキルアップに励むことがほとんどであり、将来に携われる仕事を増やすために新たな開発言語を習得したり、最新の情報技術を学んだりしている。

一方、余力のあるプログラマの場合には週末に自分でプログラムの開発を行って小遣い稼ぎをするという人もいる。プログラムを作ることができるということは大きな能力であり、ソフトウェア開発やアプリ開発等を行うことによって収入を増やすことができるのである。年収があまり高くはないというデメリットはあっても、自分でそれをカバーする手段があるのが技術者としての特徴といえるだろう。同時にスキルアップもできることからトレンドとなりつつある休日の過ごし方だ。

先ほど文頭でも話に出たキャリアパスだが、これに関してはスキルアップしてこの道順を進むという強い志が必要だ。
このキャリアパスを進むためには、休日の勉強を怠らず、自身の技術を上げていく必要があるのだ。
先日、プログラマからインフラエンジニアに転職したという記事があったが、かけ離れた業務内容ではないためすぐに馴染めるだろうと思っていたが、あまかったとの記載があった。現代のIT社会を支えるエンジニアだけあって、一筋縄ではいかないようだ。
IT社会を支えるエンジニアになって、キャリアパスの魅力が書かれているのはこちら。>>>インフラエンジニアのキャリアパス研究所